石原行雄wiki学歴大学は? 北朝鮮に詳しいジャーナリストに嫁子供いる?

ジャーナリスト、ルポライターとして活動中の石原行雄さん。
また、ノンフィクションを中心に執筆しています。

さらに、情報番組「バイキング」や「ビートたけしのTVタックル」、「やりすぎ都市伝説」、「NMBとまなぶくん」など多数のバラエティ番組にも出演経験があります。
今回はそんな石原行雄さんについて調べました。

石原行雄さんのwiki経歴学歴や結婚、子供について紹介しますので、是非ご覧ください。


スポンサーリンク





石原行雄wiki学歴大学は?

石原行雄wiki学歴、高校や大学は?

石原行雄さんは、1969年に東京都で生まれたので、現在は50代です。
(2020年現在で51歳)

高校は、どこの高校に通っていたかは公表してないのでわかりませんが、大学は法政大学卒業です。
法政大学といえば、人気の大学ということで有名ですよね。

法政大学は、国際文化学部や人間環境学部など様々な学部がありますが、石原行雄さんがどこの学部に通っていたかは分かりません。
ただ、法政大学を4年間通っていたことは分かっています。

ちなみに、法政大学卒業の芸能人として、
高畑充希さん、菊池桃子さん、三代目 J Soul Brothersの小林直己さん、秦基博さんなどがいます。

石原行雄wiki経歴

石原行雄さんは、大学卒業後に作家になります。
冒頭でもお伝えしましたが、主にノンフィクションを中心に執筆し、売買〇や麻〇密造、自〇現場、戦場など命を作る現場から命が消える現場まで数々の場所に突撃し、取材したそうです。

石原行雄さんの代表作品として、「ヤバイ現場に取材に行ってきた!」があります。

この書籍は、違法な現場に立ち向かうルポルタージュです。
こちらが本の評価です。

石原行雄本ヤバイ現場に取材に行ってきた!評価口コミ
・一般の人は行くことがない現場へ取材した内容が分かりやすくていい
・会話形式で記載されているページもあって読みやすい
・個人的に文章はイマイチだが、内容は素晴らしい
・生のリポートがすごくて詳しくて、読みごたえがある
・日本のデートクラブの待機所潜入や〇物の売買の話が面白い
・日本の裏風〇特集があればいいと思うが、これもこれでいい
・興味深い内容で身近なところにこんな事や生々しくもあり、一気に読んだ
・続編が出たら速攻読みたい
・命をかけた取材でわかりやすい
・ガチ取材な一冊
・文句無しに面白かった
・ライブ感のある文章で読みやすく、さらっと読むと見逃してしまうようなところに深い意味のある文があるので、油断できない感じで面白い
・読み出したらとまらない

このように評価は良いみたいなので、気になる方は是非ご覧下さい。

YES高須クリニックの高須克弥医師の長男嫁は高須敬子医師『YES!高須クリニック』でお馴染みの高須克弥院長の息子嫁が綺麗になった?高須クリニックの医師は高須一族だら...

スポンサーリンク





北朝鮮に詳しいジャーナリストに嫁子供いる?

石原行雄は北朝鮮取材経験ありのジャーナリスト

石原行雄さんは、北朝鮮に取材を行ったことがあり、その本も出版してるので、北朝鮮に詳しいです。
そのため、周りから北朝鮮に詳しいジャーナリストと呼ばれています。

ちなみに、北朝鮮の他には、イラク、チベット、ミャンマー、津波被害後のスマトラ島などの約40カ国の取材に行ったことがあるそうです。
40か国も取材して凄いですね。
そうなると、かなりヤバイ現場も数多く取材してきたと思います。

余談ですが、石原行雄さんは、業界内で「海外ネタに強い、ルポライター」と言われています。

石原行雄は結婚して嫁子供いる?

そんな石原行雄さんは、結婚しているのでしょうか?
調べてみたところ、結婚したという情報はなかったので、おそらく結婚はしていないと思います。

しかし、過去にこのような失敗をしたと語っていました。

石原行雄さん
パーティーの取材で39歳の医療系OLと知り合ったんですよ。まともなロリ熟女系の良い女でした。僕も独身アラフォーだし、数回デートの後に結婚を前提にって真面目に交際申し込んだんだよね。そしたら次の瞬間、「あんたの結婚観は間違ってる!」とか大変貌して、夜に長文の大説教メールが何通も来て。そいつ、男を誘感して、その気にさせては自爆する地雷女だった。

大失敗談ですね。
もしかしたら、これがトラウマで、恋愛してないという場合もあります。

まとめ

石原行雄さんは、法政大学出身で、これまで過酷な取材に行っています。
結婚してるかは分かりませんが、今後もそんな石原行雄さんの活躍に期待しています。

上沼恵美子が耐えた夫源病とは現代版パワハラ?東の和田アキ子、西の上沼恵美子と言われる芸能界の女性ご意見番、上沼恵美子さんの別居がすっぱ抜かれました。歯切れよく...

スポンサーリンク