小島一朗,経歴と病歴,家族は?犯行動機はネグレクト両親への当てつけか?

東海道新幹線の車内で凶器を持った男が
乗客を切り付け、男性1人が死亡、女性2人がけが
をした事件で、現行犯逮捕された男は
22歳、自称無職の愛知県在住、小島一朗容疑者です。

精神科通院歴があったとされる小島一朗容疑者。
今年1月から家出して行方不明だったようですが、
家族は捜索願を提出しなかったのでしょうか。

両親とは不仲、家族内の孤立、ネグレクト育児、
無職、自殺願望、自閉症、発達障害
小島一朗容疑者の経歴と病歴、家族関係を追いました。

スポンサーリンク


小島一朗,経歴と病歴,家族は?


引用:Twitter

昨夜速報で流れた猟奇的殺人事件は、
一夜明けて容疑者の名前と顔画像が公開されました。

≪小島一朗(こじま・いちろう)経歴/プロフィール≫
名前:小島一朗(こじま・いちろう)
年齢:22歳
出身:愛知県一宮市
学歴:愛知県内定時制高校卒業→職業訓練校
職歴:埼玉県内の会社に1年勤務
退職理由:人間関係が合わない
家族:両親、祖母、叔父

兄弟の有無は分かっていませんが、
愛知県一宮市で両親と過ごしていたようです。

しかし、両親との折り合いは悪く、
家族の元を離れて、
愛知県岡崎市に住む叔父と住んでいたことが確認されています。
(2016.4~)

この時は、無職状態だったとみられ、
2階の部屋に引きこもって一日中
パソコンを触っていたようです。

生活費はどうしていたのでしょうか。

おそらく両親は、定職に就かず
ふらふらしている息子のことを手に負えない 
としながらも、生活費などの金銭援助はしており、
叔父宅に任せていたのではないでしょうか。

9日午後9時50分頃、神奈川県の新横浜―小田原間を走行していた東海道新幹線東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、小島一朗容疑者が凶器で無差別に乗客を襲撃した事件で実父や親族の証言が明らかになりました。ネグレクト育児、戸籍排除、祖母と養子縁組の複雑な家庭環境、精神的病と養護施設入所歴、オール5の哲学大好き少年期小島一朗容疑者の犯行動機は、「両親に愛されたかった」スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});小島一朗の生い立ちはネグレクト育児小島一朗の父「それを償うように生...

親戚の話によりますと、
自閉症と診断されていた小島一朗容疑者。
昨年2~3月には岡崎市内の精神科病院
入院していたようです。

自閉症は病気ではありませんし、
入院することもないと思うのですが、
「自閉症」という言葉が
この事件によって一人歩きしてしまうことが
大変気がかりです。

入院した事実があったとしても、
「自閉症」ではなく、他の精神疾患や、
体の不具合などではないかと思われます。

家族は、自分たちでは手に負えない息子を
病院の管理下において
ひとまずの心の安心を獲得していたのでは
ないでしょうか。

しかし、小島一朗容疑者は
この一連の疎外感が、
劣等感を招き、

「俺はこの世は嫌だ」
「死にたい」

という、無気力感に繋がったのではないでしょうか。

5歳の長女に暴行してけがを負わせたとして、3日傷害容疑で、東京都目黒区東が丘の無職、船戸雄大容疑者(33)を逮捕しました。船戸容疑者の長女、結愛(ゆあ)ちゃん(5)は2日、18時頃、心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡を確認。数日前から嘔吐など異変があったという結愛ちゃんは、虐待されていた疑いもあります。妻の連れ後であったようで、そのあたりの複雑な家族関係を、船戸雄大容疑者の顔画像、Facebookと共に調べてみました。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});船戸雄大容疑者の...
紀州のドン・ファン野崎幸助さんが最も愛した女は、愛犬イブちゃんでした。このイブちゃんは、2番目の嫁が買い始めた犬。嫁は出て行っても、犬は渡さなかったといいます。13年半を共に過ごしたミニチュアダックスフントは、2番目の嫁との思い出そのものだったようです。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});野崎幸助,愛犬イブは2番目嫁との思い出和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(77)が不審死で亡くなったのは5月24日。そこから2週間経ってやっと死因が特定されました。死因は、急性覚せ〇剤中毒...
紀州のドン・ファンこと野崎幸助さんを殺害した犯人がどうやら、家政婦竹田純代さんと須藤早貴さんの共謀説で間違いなさそうです。 家政婦に続き、嫁モデルSことさっちゃんの名前と顔画像が判明しました。名前は須藤早貴、顔画像も集めてみました。札幌市出身の彼女が、結婚したことも伝えていないのは、実家の両親と絶縁状態にあったから?その驚愕の理由とは?スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});須藤早貴顔画像7選!引用:https://blogs.yahoo.co.jp/顔立ちは派手目で、憂いを帯びた美人著書の中で...
静岡県藤枝市の山中で浜松市浜北区の看護師内山茉由子(うちやま・まゆこ)さん(29)の遺体が見つかった事件で、逮捕監禁の疑いで逮捕した40代男と20代の男が逮捕されました。インターネット闇組織で出会ったとみられる容疑者たち。内山茉由子さんとは面識がなかったようです。内山茉由子さんはなぜ殺害されたのでしょうか。結婚していたのか?勤務先は?顔画像は?スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});内山茉由子さん,顔画像と勤務先?静岡県藤枝市の山中で浜松市浜北区の看護師、内山茉由子さん(29)...

スポンサーリンク


ネグレクト両親への当てつけ犯行か?

今回の犯罪も、容疑者は
職業「無職」の犯行です。

しかし、無職であることから、
無気力であったり、生きる糧を見失っただけ
ではなさそうです。

今年1月に「旅に出る」と言い残し、
自転車に乗って自宅を出ていったようです。
こういった「家出」行為は、
これまでも何度かあったようです。

携帯などを持っていたのかは不明ですが、
この「家出」の目的も大変気になります。

20歳を過ぎた成人男性ですので、
人に危害を加えなければ、ある程度放任主義
という両親の教育方針だったのかもしれませんが、
複数回こういったことがあれば、
やはり心の病か、何か重要な闇を一人で
抱え込んでいたのでは?
とさえ思えてきます。

こういった家出を複数回起こし、
都度警察に保護されて、自宅に戻ってきたという
小島一朗容疑者。

家出の度に、
警察に捜索願を提出していたのでしょうか?
いつものことだからと、
放任主義だったのでしょうか?

この2択が、実は小島一朗容疑者の心を大きく
左右することになっている気がします。

両親の大きな愛情に
守られていると思っていたからこそ、
これまでは、人に危害を加えるようなことをしなかった
小島一朗容疑者が、

1月から5ヶ月以上も自宅を留守にしているのに
両親から何らコンタクトがなければ、
心が完全に孤立してしまって、
両親の目と心を振り向かせたい一心で
今回の凶行に及んだのではないかと
思えて仕方ありません。

もちろん、小島一朗容疑者の行った犯行は
絶対に許すことが出来ません。
亡くなった被害者の方もいらっしゃいますし
重傷を負った方も、そして現場に
居合わせた多くの目撃者の心の傷は
いつまで経っても消えないと思います。

これから犯行動機が語られると思いますが、
小島一朗容疑者の愛されたいという
心のわだかまりがあったのかなかったのか
注目したいと思います。

6月9日の東海道新幹線「のぞみ」内で男女3人が殺傷された事件。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された無職小島一朗容疑者(22)の母親がコメントを発表しました。コメント全文は、取り乱している様子もなくごくごく普通の文体。しかし、どこか他人事、どこか綺麗ごと、体裁だけ取り繕っている感が満載?スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});小島一朗,家庭環境がやはり複雑実父証言「元家族」小島一朗容疑者の家庭環境はやはり複雑のようですね。小島一朗容疑者の家族は、父親:50代母親:年齢不明姉:23歳本人...

亡くなった会社員男性のご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

東海道新幹線で、無差別に乗客の男女3人が殺傷された事件で、亡くなったのは兵庫県尼崎市潮江、会社員梅田耕太郎さん(38)と発表されました。梅田耕太郎さんは事件が起こった12号車に乗車、小島一朗容疑者の2列後方の最後尾通路側に座っていました。妻と二人暮らし、東大院卒と言われる優秀なエリートサラリーマンが犠牲になって、女性を救いました。どんな人だったのでしょうか。この勇敢な行動にこそ、国民栄誉賞をという声もあります。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});梅田耕太郎,東大院卒の経...
紀州のドン・ファンこと野崎幸助さんの不審死から2週間余り。警察の捜査は、2番目の嫁や、第二の花嫁候補にまで及びそうです。改めて野崎幸助さんの知られざる生い立ち、経歴と親族家族からの孤立、心配される認知症の症状とおむつ常用の噂、須藤早貴さん以外にいた第二の花嫁候補とは?スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});野崎幸助,貧困経歴と家族孤立≪野崎幸助(のざき・こうすけ)経歴/プロフィール≫名前:野﨑幸助(のざき・こうすけ)旧姓:樫山幸助愛称:紀州のドン・ファン生年月日:年齢:享年7...
野崎幸助さんの不審死で、「紀州のドン・ファン」を取り巻く二人の女がいま「怪しい」と話題に。一人は嫁自称モデルS、一人は家政婦兼秘書の竹田純代さん。他殺であることは間違いないようですが、犯人不詳のままで、この2人の女の東京の自宅を家宅捜索に入っています。2月に結婚したばかりの22歳の新妻と30年に渡り野崎社長の身の回りのお世話を続けた元六本木ホステスの家政婦、竹田純代さん。そもそも二人は良好な関係なのでしょうか? 二人の女に発見された時の野崎社長のあられもない姿とは?スポンサーリンク(adsbygoogle = win...
「紀州のドン・ファン」野崎幸助さんの変死に、なお世間の注目が集まっています。不審死から2日後には、家族、会社関係全員の尿検査と口内粘膜採取。いまは結果待ちでしょうか。そんな中、ついに嫁Sちゃんことさっちゃんの実家にも捜索が及びそうです。実家は札幌? 国籍は中国? 結婚式も披露宴も行わなかった事実婚の野崎幸助さん。派手なことが大好きだったはずの野崎さんらしからぬ行動です。札幌の両親には知らせないでほしい?絶縁状態のワケとは。。。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});野崎...
和歌山のドン・ファン、野崎幸助さんの嫁S(さっちゃん)の名前と顔画像が判明しました。週末の新宿区の自宅(独身時から居住)を家宅捜索された時の捜査令状は「殺人容疑」でした。おそらく嫁須藤早貴さんと、家政婦竹田純代さんが犯行に大きく関わっているとみて間違いなさそうです。改めて須藤早貴さんの経歴とSNS(Twitter、Facebook)、嫁さっちゃんが「金の亡者」になった理由を調べてみました。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});須藤早貴,顔画像と経歴,Twitter,Facebook判明!嫁さっちゃんこと...

スポンサーリンク