鹿嶋学の勤務先建築会社はどこ? 10数年間無遅刻無欠勤,女っ気ナシだったのに。。

14年間の父親の執念が実りました。愛娘の突然の死から14年、60歳になった父親は

北口聡美さんの死をあきらめきれませんでした。かわいい愛娘を殺害したのは

山口県宇部市内の建築会社に勤める鹿嶋学(かしま・まなぶ)容疑者(35)

無遅刻無欠勤、後輩思いでリーダータイプ、現場を任せられる真面目な男がなぜ。。

周囲の驚きは深まるばかり。殺害された北口聡美さんとは交際していたのでしょうか。

スポンサーリンク


鹿嶋学の勤務先建築会社はどこ?


引用:JNN

愛娘、北口聡美さんが突然帰らぬ人となったのは、2004年10月のこと。

家の敷地内に倒れていたといいます。

家のドアノブや、北口さんの爪から、DNAが検出されるも、

これまで逮捕歴がないのか、一致するDNAの持ち主を特定することができませんでした、

迷宮入りする中、警察の執念と父親の懸命な呼びかけで、

北口聡美さんを殺した男が突如逮捕されました。

男の名前は鹿嶋学容疑者(35)。

山口県宇部市内の建築会社で土木の仕事をしていました。

入社は、現社長(39)の父親が社長だった時代、10数年前。

知人の紹介で入社したといいます。

勤務態度は真面目、

後輩の面倒見もよく、

仕事熱心で現場を任せられるタイプ

だと、現社長は、信じられないと語りました。

気になる鹿嶋容疑者の勤務先を調査中ですが、

現在のところ特定出来ていません。

判明し次第、追記していきます。

広島県廿日市(はつかいち)市で2004年10月、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅離れで刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された山口県宇部市の会社員、鹿...
14年前の女子高生、北口聡美さん殺害事件で逮捕された鹿嶋学容疑者が動機について語り始めました。北口聡美さんと鹿嶋学容疑者に交際の事実があったのかに注目が集まっ...
家事が得意な“家事えもん”としてテレビ番組「得する人損する人」で活躍しているお笑い芸人の松橋周太呂(33)が16日夜、自身のツイッターを更新。なんと昨年末に結婚、...

スポンサーリンク


10数年間無遅刻無欠勤、女っ気ナシだったのに。。

入社してから10数年間、

鹿嶋学容疑者は、無遅刻無欠勤だったようです。

少なく見積もっても25歳より若い時に入社していますので、

それまでどんな仕事をしていたのか気になります。

大学卒業後の新卒だったのでしょうか?

それとも高卒?

近所の住民によると、

鹿嶋容疑者は中学1年の時に家族と引っ越してきて、

地元中学から市内の私立高校へ進学。

高校時代の担任は

「目立たず、問題を起こす生徒ではなかった。(逮捕されたと聞き)とても残念だ」

と証言。

高校卒業後に勤務した山口県長門市のアルミ加工工場1年もたたずに辞めており

当時を知る男性は「女性問題などもなく報道に驚いている」と話しています。

鹿嶋容疑者は独身だったとみられます。

女性には奥手だったのかもしれません。

高校卒業後すぐに就職したアルミ工場では、長く勤務することは出来ませんでしたが、

退職理由は、
職場の人間関係?
仕事が合わなかった?

あたりだと思われます。

ほどなくして、知人の紹介で

現在勤務している土木を扱う建築会社に入社しますが、

知人進言ですので、

鹿嶋容疑者に合う仕事と推薦したのか、

それとも紹介された手前、真面目に働こうと決意したのか

おそらくどちらの理由もあるのでしょうね。

鹿嶋学容疑者の性格は

おとなしくシャイだが、

現在の仕事での評価もよく、

おそらく現場リーダーのような役職についていたのではないでしょうか。

口数は少ないが、黙々と作業する後輩思いの職人気質だと思われます。
暴力的な粗暴な様子は感じなかったという会社社長ですが、

今月上旬、同僚の尻を蹴る暴行を加えたとして警察に通報されました。

それまで仕事関係でもめ事を起こしたことは一切なかったため、

社長も大変驚いたといいます。

鹿嶋容疑者自身は「すいません」と申し訳なさそうに謝罪したようです。

このことがきっかけで、書類送検され指紋と掌紋採取。

指掌紋自動識別システムで照合した結果、

北口聡美さんの事件で採取した同容疑者の指紋と現場に残されたものが一致。

その後、DNA型も一致。

警察もまさかと驚いたと思います。

会社社長によると、事件が起こった北口聡美さんの住んでいた広島県廿日市市付近とは、

鹿嶋容疑者は縁がなかったようだといいますし、

おそらく独身であろう鹿嶋容疑者が、まさか女性を殺害するなんて

青天の霹靂ですよね。

学生時代を知る恩師や、近隣住民、会社関係者が揃って

「なぜ?」と驚いています。

事件が起こった14年前、鹿嶋容疑者は21歳頃でした。

殺害された北口聡美さんが17歳なので、

年齢的には、交際していても不自然ではないのですが、

高校生が、成人とお付き合いするのは、

どこで出会ったのだろう?と不自然な気がします。

北口さんは反抗期もなく、父親との関係も良好。

一緒に映画を見に行くような間柄だったといいます。

仲が良かった親子であれば、娘の交際相手はもし隠されても

薄々気付くでしょうし、交際相手が鹿嶋容疑者だと

両親が認識していれば、捜査線上に早くから浮上していたことが考えられます。

交際していたのか

単なるストーカーなのか

通り魔的な犯行なのか

調べが待たれます。

鹿嶋容疑者は、

逮捕当日の12日は、

午前7時に通常通り出勤。

山口市内の現場で作業をしていたようです。

いつもと変わらない様子に、同僚、社長、家族、近隣住民

みんな一様に驚いたでしょう。

容疑者認めていると報道されているので、

これからの供述が待たれます。

北口聡美さんのご冥福を心よりお祈り致します。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク