山崎洋一郎の小山田圭吾記事全文!編集長経歴高校大学学歴や評判!

小山田圭吾の炎上記事全文!山崎洋一郎編集長経歴や学歴とは?

平和の祭典であるはずのオリンピック。
コロナウィルスや人事の問題で二転三転しながらも、あと数日で開催されるというこの時期。
またもや東京五輪の人事が世界に報じられ、世論がざわざわしています。

小山田圭吾氏の炎上記事全文とは?
雑誌「ロッキングオン」の山崎洋一郎編集長とはどんな人物?
顔画像や学歴経歴家族は?


スポンサーリンク





山崎洋一郎の小山田圭吾記事全文!

山崎洋一郎の小山田圭吾記事は27年前の94年1月号

音楽やロックなどあまり馴染みがない人でも今回の、東京オリンピックに関する様々な問題は耳に入ってきますよね。
コーネリアスとして活動する小山田圭吾さんは、90年代、小沢健二さんとフリッパーズギターというユニットを組んでおり、グループとしても、個人としても一時代を築いた功績者です。

当然、雑誌などでは多く取り上げられ、インターネットが普及していない時代ですので、ファンはこぞって雑誌掲載分を買い求めた時代です。

そんな小山田圭吾さんに、94年、あるインタビューをしたのが、ロッキング・オン・ジャパン編集長の山崎洋一郎さんでした。
94年1月号のことでした。

炎上したこのインタビュー記事を早速見ていきましょう。

山崎洋一郎の小山田圭吾インタビュー記事全文!

山崎洋一郎の謝罪文全文

過去のインタビュー記事の炎上騒動を受けて、山崎洋一郎編集長は謝罪文を掲載しております。

ロッキング・オン・ジャパン94年1月号小山田圭吾インタビュー記事に関して
2021.07.18 12:00
山崎洋一郎の「トリプル編集長日記」 山崎洋一郎の「総編集長日記」
小山田圭吾氏が東京オリンピック・パラリンピックのクリエイティブチームの一員に選出されたことを受け、94年1月号のロッキング・オン・ジャパンに掲載されたインタビューで氏が話された中学時代のいじめエピソードが各方面で引用、議論されています。
その時のインタビュアーは私であり編集長も担当しておりました。そこでのインタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います。
27年前の記事ですが、それはいつまでも読まれ続けるものであり、掲載責任者としての責任は、これからも問われ続け、それを引き受け続けなければならないものと考えています。
引用:https://rockinon.com/

スポンサーリンク





山崎洋一郎編集長経歴高校大学学歴や家族!

山崎洋一郎顔画像と年齢

山崎洋一郎編集長の顔画像はコチラです。

近影の顔画像(動画)だと思いますが、音楽雑誌の現役編集長ということもあって、おそらくトレンドなどには詳しく、そのため若々しい印象はあります。
後ほど、学歴については記述致しますが、大学卒業が1986年のようなので、浪人留年などせずに卒業したとしたら、2021年現在で57歳ということになります。

山崎洋一郎学歴!出身高校や大学は?

山崎洋一郎編集長の出身高校は兵庫県の中高一貫の男子校「六甲学院高校」のようです。

六甲学院高校とは
高校名:六甲学院高校
区分:私立(男子校)
住所:兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町2-4-1
出身有名人:山田ルイ53世(お笑い芸人・髭男爵)大森一樹(映画監督)大谷亮介(俳優)
概要:神戸市の私立中高一貫校。国公立大学に約130名、私立大学へのべ約200名の進学実績
引用:みんなの高校情報

中高一貫校なので、高校の偏差値は非公表ですが、系列の六甲学院中学校は偏差値58 – 63なので、進学校といえます。
出身有名人にお笑い芸人の山田ルイ53世さんもいますが、 愛媛大学法文学部文学科夜間主コースに進学したり、映画監督の大森一樹さんは、京都府立医科大学医学部に進学しています。

山崎洋一郎さんは、高校卒業後上智大学外国語学部に進学してます。
言わずと知れた有名校ですが、同大学学部の偏差値は67.5です。

山崎洋一郎編集長経歴

では、山崎洋一郎編集長の大学卒業後の経歴はどうなのでしょうか?

上智大学を卒業したのは1986年のようです。
その後の経歴は、以下のようになります。

山崎洋一郎編集長経歴
・1986年 上智大学卒業後、新卒で「ロッキングオン」入社(22歳頃?)
・1991年 邦楽雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」2代目編集長就任(27歳頃?)
・1994年 小山田圭吾のインタビュー記事を企画、インタビュアーと編集に携わる(30歳頃?)
・2000年 洋楽雑誌「rockin’ on」4代目編集長(36歳頃)就任
・2021年現在 総編集長在職

上智大学という有名大学を卒業していれば、たくさんの進路の選択肢があったと思いますが、音楽に精通していたのでしょうか。
新卒で入社した『ロッキングオン』。
そこから僅か5年で「ROCKIN’ON JAPAN」2代目編集長に就任しています。

27歳頃であると考えると、やはりとても優秀でかつ、音楽に精通していたと考えられます。

「ロッキングオン」には邦楽部門の『ROCKIN’ON JAPAN』と洋楽部門の『rockin’ on』があるようで、そのどちらも編集長を20代、30代で努め、以後ずっと『ロッキングオン』一筋35年。
現在は、総編集長を務めています。

山崎洋一郎編集長評判

今回炎上している小山田圭吾さんえのインタビュー記事ですが、当時山崎洋一郎さん自身がインタビューをし、掲載した音楽雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』の編集長であったため、無理やり考えると、社内で当時、違和感を覚えたり、意義を唱えた人がいたとしても、編集長という立場の人に敵う人はいなかったのかもしれません。

編集長は、文字通り雑誌の編集の統括を行う全責任者ですから、インタビューした本人が編集長だった。
ココがとても気になる部分ではあります。

とはいえ、27年前の当時も記事が問題視されず、現在になって蒸し返されるとは山崎洋一郎さん自身も小山田圭吾さんも双方、考えが及ばなかったとも思えます。
また現在は総編集長という最重要ポストとも思える立場であるため、周囲に異議を唱える人はいなかったのかもしれませんね。

では、山崎洋一郎さんの評判はいかがなものでしょうか?

山崎洋一郎編集長経歴高校大学学歴や家族!

スポンサーリンク