カルロスゴーン父親は死刑囚で逃亡者!生い立ちブラジルの出生の秘密

カルロスゴーンの父親は殺人者だった!語られてこなかった出生の秘密!

元日産自動車CEOののカルロスゴーン被告が、レバノンに逃亡した衝撃の事件。
日本の法律はどう裁くのかが注目されますが、そんな中、
これまで語られてこなかった出生の秘密が明らかになってきました。
父親、母親共にレバノン人でありながら、カルロスゴーン被告は
ブラジル出身で、カトリックの学校に卒業だと言われてきました。

そこには、父親が殺人の事件を起こし、レバノンからブラジルに逃亡したとの
事実がひた隠しにされていたようです。


スポンサーリンク





カルロスゴーン父親は死刑囚で逃亡者!

カルロスゴーンの父親の殺人事件とは?

カルロスゴーン被告が日本を脱出し、レバノンに逃亡した事件。
レバノンで記者会見を行いましたが、核心には触れられていません。

そんな中、これまで明らかにされてこなかった
カルロスゴーン被告の生い立ち、父親の職業などが報じられてました。

カルロスゴーン被告は、父親は母親共にレバノン人。
父親の名前はジョージゴーン。

職業は、ダイヤモンド、金、外貨、〇薬の密輸業者でした。

1960年4月17日
同じグループだったボリス・ムスアド神父がある日、
路上で倒れているところを発見。

殺人容疑で逮捕されたのは、仕事仲間であったはずの
ジョージゴーン容疑者(カルロスゴーン被告の父親)
ら5人の容疑者。

ジョージゴーン容疑者は37歳でした。

ジョージゴーン容疑者は、ボリス・ムスアド神父とは20年来の仲。

次第に密輸を依頼する間柄になっていきました。
当初は、儲けた金を分け合う関係でしたが、ボリス・ムスアド神父が次第に取り分を多く要求するようになり、
そのことで他に逮捕された4人の犯人を連れて
話し合いをするうちに口論が激化し、殺人事件になったようです。

ボリス・ムスアド神父は元々、レバノンの山岳地帯で羊飼いだった人物。

ボリス・ムスアド神父とジョージゴーン容疑者が出会ったのは事件の20年前ですので、
ジョージゴーン容疑者は17歳頃のことです。

二人は、ナイジェリアの首都ラゴスで出会ったのです。

父親が逮捕されたとき、カルロスゴーン被告は6歳でした。

鈴木明子はバセドウ病ではなく拒食症だった、顔画像は?結婚生活僅か1年7ヶ月のスピード離婚、離婚理由は何?旦那は小学校の同級生、再会した鈴木明子に一目ぼれしたエ...
予備校講師というより、タレント、文化人のイメージが強い林修さん。奥様は、林裕子さんで産婦人科の医師。過去の「情熱大陸」などの夫婦共演などで、その存在を明かさ...
Mr.シャチホコとみはる夫婦はものまね界を席巻!凄いのは年齢差だけではない?和田アキ子さんのものまねでブレイクしたMr.シャチホコさんと中島みゆきさんなどのもの...

スポンサーリンク





生い立ちブラジルの出生の秘密

逮捕後のジョージゴーン容疑者

バアバダー刑務所に送還されたジョージゴーン容疑者は、
看守をお金で動かしていきます。

看守たちに金を配り、刑務所の外に出れるようにしたのです。
昼間は刑務所の外に出かけ、夜は戻る。

ギャ〇ブルを開催し、看守や囚人たちを喜ばせたといいます。

こうして刑務所内で、立場を強固にしていき、
ボスに成りあがったのです。

逃亡計画

逮捕から4カ月経った1960年8月4日。

刑務所内で仲間を作ったジョージゴーン被告は、
逃亡計画を考えます。

この逃亡計画の実行者の中に、ジョージゴーン被告は含まれていませんでした。

しかし、逃亡計画は失敗。

再逮捕された仲間たちは、逃亡理由を語りました。

逃亡実行犯
ジョージがバアバダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をもちかけていた

つまり、ジョージゴーン被告の逃亡計画
仲間を金で説き伏せて、自らは逃亡に関わらず
仲間たちを逃亡させ、裁判関係者を襲撃するというという計画
だったのです。

裁判は、翌年1961年1月9日に開かれ、
父親のジョージゴーン容疑者は死刑判決を受けました。

模範囚⇒レバノンからブラジルに逃亡

死刑判決を受けたジョージゴーン被告ですが、
刑務所内で模範囚となり、禁固15年に減刑されました。

実際には10年で刑務所を出ており、1970年に自由の身になりました。

(カルロスゴーン被告当時16歳)

ジョージゴーン被告は、悪い仲間との縁を
断ち切ることが出来なかったのか、出所から4カ月後に再逮捕されます。

容疑は、偽札所持(3万4000ドル相当)

この偽札を販売する目的で所持していたようです。

再逮捕された父親ジョージゴーンは、禁固15年の刑を科せられます。

服役中のジョージゴーン被告は自〇未遂騒動を起こすほど
錯乱していたようですが、当時のレバノンは情勢が良くありませんでした。

1975年(再逮捕から5年目)、内乱で混乱するレバノンの首都ベイルートの
刑務所内から脱獄することに成功。

その後、ブラジルのリオデジャネイロに国外逃亡し
2006年に死亡。享年88歳でした。

ブラジルに国外逃亡した父親ジョージゴーンは、
ビジネスに成功し、巨万の富を築いたようです。

生い立ちブラジルの出生の秘密

カルロスゴーン被告の生誕の地は、これまでブラジルと
言われてきましたが、この経緯から考えると
出生はレバノンだと思われます。

カルロスゴーン被告は、パスポートや国籍を
幾つも持っていると言われていますが、
父親のこのような経歴や逃亡劇が関係しているようです。

カルロスゴーン被告経歴
生年月日:1954年3月9日
年齢:65歳(2020年1月現在)
出生地;ブラジル、ポルト・ヴェーリョ
国籍:ブラジル、レバノン、フランス
引用:Wikipedia

親子2代に渡っての逮捕歴、そして国外逃亡。

カルロスゴーン被告の今後について注目です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

敦子、看護大学はどこ?助産師目指して子供6人計画?ケミストリー堂珍嘉邦さんの元嫁で、ファッションモデルとして活動中の敦子さん。今回は、敦子さんの看護学校や助産...
飯島直子さんは、数々の映画やドラマに出演し、女優として活動しています。1995年にザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞、1999年には、ヘアカラーリングアワー...
「毎度おさわがせしします」でお馴染み、木村一八の今現在は?ドラマ『毎度お騒がせします』でアイドル時代の中山美穂さんと共演し話題になった木村一八(きむらかずや)...
元アーティスティックスイミング(シンクロナイズスイミング)選手である武田美保さん。武田美保さんは、シンクロで日本代表選手となり、オリンピックに出場しました。200...

スポンサーリンク