菅井きん,死去2018死因は心不全 若い頃画像と息子が看病する認知症の噂とは?

「必殺」シリーズや映画『どですかでん』『お葬式』など
多くの名作に出演した昭和の名女優
菅井きんさんが10日、逝去されました。

死因は心不全(老衰)。享年92歳。

お若い頃の画像や、家族、子供(息子)は?

晩年は認知症で、テレビ出演がなかった?


スポンサーリンク





菅井きん,死去2018死因は心不全

「必殺」シリーズや映画『どですかでん』『お葬式』など多くの名作に出演した女優の菅井きんさんが10日、
心不全の逝去されました。
(一部報道では老衰)
享年92歳。

菅井きんさんとはどのような女優さんだったのでしょうか?
経歴を振り返ります。

菅井 きん(すがい・きん)経歴/プロフィール
名前   菅井 きん
本名 佐藤 キミ子
別名義 須斎 キミ子
生年月日 1926年2月28日
没年月日 2018年8月10日(92歳没)
出生地 東京府東京市牛込区
(現・東京都新宿区)
死没地 東京
学歴   頌栄高等女学校卒業
身長 155cm
体重  45㎏
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1951年 – 2010年
配偶者 佐藤正之(1996年死別)
事務所 株式会社仕事
特技   三味線
引用:Wikipedia

告別式は近親者で済ませているようです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({ google_ad_client: "ca-pub-4735429620646332", enable_page_level_ads: true }...
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({ google_ad_client: "ca-pub-4735429620646332", enable_page_level_ads: true }...

スポンサーリンク





菅井きんさんの活躍期

菅井きんさんのデビューは1951年ですので、
25歳。

戦時中に幼少期を生きていた菅井きんさんの
時代背景を鑑みれば、いまとは
全く異なるはずですが、
芸能界デビューは早いとは言えなかったようです。

≪1954年『ゴジラ』≫

引用:http://koimousagi.com/

菅井きんさんの出身は東京府東京市牛込区(現:東京都新宿区)早稲田町。
最終学歴は頌栄高等女学校卒業

女学校卒業後は第二次世界大戦末期から終戦直後まで、
徴用逃れで文部省総務課・東京帝国大学(現在の東京大学)学生課で事務職員として勤めていた
異色の経歴を持っています。

元々は、演劇への情熱があったようで
劇団俳優座に入団し舞台に立つ一面があり
役者として活動もしていました。

芸名の「菅井きん」は、本名(当時は旧姓)を
もじったものであり、
新劇時代の恩師である脚本家の久保栄に付けてもらったようです。

新劇時代に映画監督に映画女優としてスカウトされ、
1951年に『風にそよぐ葦』で映画デビューの後、
数々の映画、テレビに出演。
今や日本の演劇・テレビドラマには欠かせない名脇役となり
着実に女優としてのキャリアを積んでいきます。

私はその時代を生きていませんが
菅井きんさんの代表作とされているのが
1973年、『必殺仕置人』。
主要人物・中村主水を「ムコ殿!」といびる姑・中村せん役で出演し
その後も続編が続く必殺シリーズ(主水シリーズ)には必ず登場、
シリーズを語る上で欠かせない存在となり、
この役で現在の地位を築くのです。


引用:http://koimousagi.com/
(写真右端)

この役があまりに有名になり、
「せん役のイメージのせいで、娘の縁談に支障が出る」と降板を願い出たことがあるようですが、
娘さんは無事に結婚したため、
降板願いは撤回されたとの逸話もあるのです。

(テキストリンク) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({ google_ad_client: "ca-pub-4735429620646332", enable_page_lev...
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({ google_ad_client: "ca-pub-4735429620646332", enable_page_level_ads: true }...

スポンサーリンク





若い頃画像と息子が看病する認知症の噂とは?


引用:http://xn--u9jy52g0yit7w09pyibd2bx32g.com/

これは『キューポラのある街』出演時の菅井きんさん。
当時36歳。(1962年)

デビューして約10年。
駆け出し女優から、作品に恵まれて
色々な作品に数多く出演している頃です。

「東大の事務職員を辞めて、本格的に女優になりたい」

という願いを聞いた菅井きんさんの父親は

「女優とは美しい女性がなるものだ」

と猛反対。

父親は反対したまま1971年ころに
娘・菅井きんさんの舞台を見ることなく
亡くなったようです。

菅井きんさんの最後の作品は2010年。
2010年に映画『瞬 またたき』に出演したのを最後に、
女優としての活動を停止。

詳しい理由は語られることなく、約4年間
公の場に姿を見せなかったのです。

後日語られた内容は、
2010年に自宅で転倒して大腿骨を骨折し、
以来自分の足では歩けなくなったためであると
菅井きんさん自身の口で語られました。

この空白の4年間の間リハビリに努める一方、
認知症を患い、仕事復帰を諦めていると
関係者によって語られています。

「菅井は重度の認知症を患っており、現在は特別養護老人ホームに入居している」
「芸能界を引退したわけではなく、リハビリを行い体力が戻れば仕事復帰も考えている」

など情報が錯綜する中、
2014年10月2日にフジテレビの情報番組『ノンストップ!』に出演し
4年ぶりに公の場に元気な姿を見せ、「認知症」である事を否定したのです。

現在、私が調べたところでは
娘さんがいるという情報しか得ることが出来ませんでしたが
息子さんもいらっしゃるという
一部情報もあります。

詳細が分かり次第、
追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({ google_ad_client: "ca-pub-4735429620646332", enable_page_level_ads: true }...

スポンサーリンク