川端清勝(85) 顔画像?認知不安 気付いたら事故をおこしていた 群馬前橋女子高生2人重体

「気付いたら事故を起こしていた」85歳の責任能力問えるのか

1/31記事追加:
入院中だった重体の女子高生 市立高1年の太田さくらさん(16)が死亡しました。
もう一人の被害女子高生の意識は戻ったようですが、現在も入院中とのことです。

川端清勝容疑者:「気付いたら事故を起こしていた」

川端容疑者親族:「運転しないように普段から言っていた。申し訳ない」

群馬県前橋市内で1月9日朝、登校途中だった自転車の女子高校生2人が

前橋市下細井町の無職、川端清勝容疑者(85)の運転する車にはねられ、重体となった事故。

そして女子高生2人の親族は言葉を失った。

スポンサーリンク


事故詳細

 事故は9日午前8時25分ごろ発生。前橋市北代田町の群馬県道前橋赤城線で、自転車に乗っていた
市立前橋高1年の太田さくらさん(16)=同市高井町=と、同校3年の大嶋実来さん(18)(同市元総社町)が
川端容疑者の乗用車にはねられ、頭などを強く打って市内の病院に搬送された。
前橋署は同日夜、川端容疑者を逮捕した。

 川端容疑者は県道を南へ走行中、対向車線にはみ出し、路側帯を走っていた太田さんをはね、民家の塀に衝突した後、大嶋さんをはねた。さらに走行車線に戻り、渋滞で止まっていた同市の男性会社員(35)の軽乗用車に衝突した。川端容疑者は頭、男性は首にそれぞれ軽傷を負った。現場にブレーキ痕はなかった。同署は男性の負傷についても、同容疑で捜査を進める。

 川端容疑者はこの事故の直前、約150メートル北の同県道交差点で、対向車線で右折待ちをしていた同市の女性(26)の乗用車と、右のドアミラー同士が接触する事故を起こしていた。市内の老人福祉センターに向かう途中だった。

 県警によると、昨年、認知機能検査を経て免許が更新されていた。

 川端容疑者の親族の50代女性によると、認知機能に不安があるなどしたため、普段から車を運転しないように伝えていたという。車で外出しようとしたのでいったんは止めたが、目を離した隙に出掛けてしまったといい、「あの時に鍵を取り上げていればよかった。(被害者が)大変心配」と涙ながらに話した。

始業式の朝 暗転
 始業式の朝が暗転した。市立前橋高はこの日が始業式で、はねられた2人は登校途中だった。

 「優しい子。正月は一緒に過ごした。4、5日前に交通安全のお守りをくれた。生きてさえいてくれれば…」と、重体となった太田さくらさんの親族の男性(74)。「悔しく、やるせない。行政などに対策を考えてほしい。こんな事故はなくなってほしい」と涙した。

 大嶋実来さんの親族の60代女性は「本当にショック。何も考えられない」と言葉を絞り出した。「いつも元気をもらっている。代われるものなら代わってあげたい。早く元気な笑顔を見たい」と沈痛な面持ちだった。近所の60代女性は「進学先も決まったと聞いた。一刻も早く回復して元気に卒業してほしい」と話した。

 2人が通う市立前橋高は全校集会を開いて生徒指導の教諭が事故について説明し、放課後の部活動を取りやめた。悴田利行教頭は「やりきれない。生徒の心のケアに当たりたい」と話した。同級生は「悲しい」「ショック」などと肩を落とした。

 事故を受けて県教委は、登下校中の安全配慮などを呼び掛ける通知を、県立高や各市町村教委などに出すことを決めた。

 「渋滞の車列に並んでいたら、ものすごい速度の車がセンターラインをはみ出して追い越していった」。事故を目撃した前橋市の60代女性はこう証言した。

 現場近くに住む60代男性は大きな物音で屋外に出たところ、女子高生が心臓マッサージを受けているのを見たという。「どれほどの衝撃だったのだろう。(運転手が)車からはうように出てきた」と振り返った。

 近所の50代女性によると、運転手は警察官に事情を聴かれても「よく分からない」と言い、ぼうぜんとしていたという。女性は「(市立前橋高は)息子も通っていた。心が痛い」と表情を曇らせた。

引用:上毛新聞社

引用:TBSニュース

スポンサーリンク


事故の衝撃 川端清勝容疑者の認知能力は運転するに値したか

逮捕された川端清勝容疑者は85歳

現場は片道1車線ずつの交通量が多い道路のようです。

川端清勝容疑者はそこを150m逆走していたそうです。

しかもものすごいスピードで。

「気付いたら事故を起こしていた」と事故直後呆然としていたといいます。

川端容疑者は事故を起こしながらも向かおうとしていたのは、市内の老人福祉センター。

おそらくこれまでは、自身で運転して通っていたのでしょう。

習慣づいた通いなれた道。使い慣れた車。行った先にはいつもの楽しい仲間がいる。

「行こう!」

そんな気持ちだったのでしょうか。

免許の更新は行えたようですが、家族は認知機能に不安があり、運転しないように言っていたと言います。

普段の行動か、もしかしたら運転自体に おや?と疑問に思うところがあったのでしょう。

一番そばにいるパートナーや身内の「おや?」は

意外と本人より的確に異変に気付くものです。

これは認知症に然り、様々な病気の予見、

「いままで出来ていたことが急に出来なくなった。」

本人は出来ないことを認めたくない。

「たまたまできなかった」とか体のコンディションの不具合のせいにしたりします。

「老い」を認めたくないから、ほかなりません。

川端清勝容疑者の顔画像は探すことが出来ませんでしたので、雰囲気を知ることが出来ませんが、

たとえ若く見えたとしても、85歳という年齢を考えれば、視力や判断力が弱くなってきていることは否めませんね。

事故現場は女子高生たちが乗っていた自転車が路上に倒れ、前輪が大きく変形。

女子高生のものとみられる靴やリュックがあたり一面に散乱していたといいます。

川端清勝容疑者が乗っていた事故車両も、前部分が破損し、右側面には擦った跡がはっきりあります。

事故の大きさが分かります。

女子高生二人は依然意識不明の重体との報道です。

どうかどうか回復してほしい。

お二人の1日も早いご回復を心よりお祈りいたします。

最新記事はコチラ①

関連記事はコチラ①

関連記事はコチラ②

スポンサーリンク