吉田羊,報道否定Yマネージャーとは大人の関係?名前や顔画像?電撃結婚は?

新情報
女優の吉田羊が31日、インスタグラムを更新し、所属事務所「ORANKU」との契約を終了したと報告した。
(インスタ全文は記事文末に紹介)

吉田羊、女性マネージャーYとは、根深い確執か?

CM契約数10社以上の売れっ子女優、
吉田羊さんは演劇留学は報道否定も、
Yマネージャーとの確執は否定せず?

Yマネージャーはよしだ?
顔画像や経歴、名前について調べてみました。


スポンサーリンク





吉田羊,経歴,高校や大学はカトリック?なのは父親牧師だから?

私は、TBS『ぴったんこカンカン』の
『吉田羊の酒場放浪記』が大好きなのですが、
先日放送された最新作では、
ついに本家、『吉田類の酒場放浪記』の
吉田類さんと共演されていましたよね。


引用:TBS

ドラマやCM、映画などの演技はもちろん
バラエティやトーク番組で見せる
裏表のないぶっちゃけキャラは、
高感度も高いため、CMへの起用件数も
トップクラスですよね。

そんな吉田羊さんが海外留学、半年休業なんて
記事が出ましたね。

人気絶頂の女優さんがどうして?と思っていましたが、
どうやらYマネージャーという女性との
確執ではないかと言われています。

吉田羊さんの経歴と、Yマネージャーと出会うまでを
まとめてみました。

吉田羊経歴/プロフィール
名前:吉田 羊(よしだよう)
本名:吉田 羊右子(よしだ ようこ)
旧芸名:吉田 羊右子
生年月日:2月3日
年齢:非公開
出生地:福岡県久留米市
学歴:久留米信愛女学院高校
身長:163 cm
血液型:O型
職業:女優
ジャンル:舞台、テレビドラマ、映画
活動期間 1997年 –
所属劇団 東京スウィカ(2001年 – 2007年)
事務所 ORANKU(おらんく)
公式サイト 公式サイト

吉田羊さんは、『よしだようこ』
というのが本名のようです。

漢字表記では、吉田羊右子と書き、
随分個性的な名前だなと思いますが、
福岡県久留米市の牧師の家に生まれた
というご両親の職業が、命名と
関係しているのかもしれませんね。

兄弟は5人兄弟で、兄2人・姉2人で
末っ子。
なんとなく分かるような気もします。

天真爛漫で明るいというイメージそのままに
幼少時から松田聖子や中森明菜の歌真似や
お芝居のマネをしたりするのが大好きで
クラスでも人気者だったようです。

物真似がいつしか、演じることへの魅力へと
変わっていったのは子供の時からのようです。


引用:http://nakasuga13.com/actress/6175/

高校は、地元の
久留米信愛(くるめしんあい)女学院高校へ進学
中高一貫校で、カトリックの女子校なので
牧師の家に生まれた家庭環境を考えると
お姉さん2人もおそらく同じ中学、高校かも
しれませんね。

高校では、応援団長をしていたため、
ファンクラブが出来るほど、一目置かれていた
存在だったようです。
その時の経験が、後の芸能界へ入るきっかけ
なったそうです。

ちなみに、幼い頃から憧れていた松田聖子さん
同じ高校出身。
進学理由は、そんな理由も加味されていたかもしれません。
偏差値は、52~59。
2019年4月度から久留米信愛学院に
名称が変更して、男女共学になるようです。
久留米信愛学院HP⇒リンク

高校卒業後は、女優を目指して、
上京するのですが、当時姉が
金沢市内の大学に通っていたため、
姉を頼って金沢で生活し、喫茶店で
アルバイトをしていたようです。

しばらくして大学に入学したようですが、
大学名は公表されていません。
一部情報では、桜美林大学では?という噂もあります。

桜美林大学とは?
桜美林大学(おうびりん)は、東京都町田市常盤町3758に本部を置く日本の私立大学。1966年に設置された。大学の略称は桜美林、桜美大、桜美林大。
建学の精神として「キリスト教精神に基づいた国際的人材の育成」を掲げている。

引用:Wikipedia

こちらの大学に進学されたかは不明ですが
出身者には、インリン・オブ・ジョイトイさん
いらっしゃるようです。


引用:タレントデータバンク

桜美林大学HP⇒リンク
桜美林大学偏差値⇒リンク

秋篠宮家から最後通告で一気に破談へカウントダウン?秋篠宮さまが53歳の誕生日を迎えられました。紀子妃殿下も同席する仲、会見が行われ、国民の注目が集まる長女眞子...
有働由美子ニュースゼロが革新的!日本テレビが猛プッシュ!意気込みは谷生俊美(谷生俊治)プロデューサー出演で確定的!村尾信尚キャスターから有働由美子キャスター...

スポンサーリンク





吉田羊,報道否定Yマネージャーとは大人の関係?顔画像,名前は?

吉田羊さんの人生を決定づけたのは、
大学3年生の時。
同級生が就職活動を始めていく中で
会社勤めが自分に不向きだと考えたため
幼いころより興味があった女優に挑戦を決意。

思い立ったら即行動するタイプで、
養成所などレッスンや学校を受験するのではなく、
情報誌『ぴあ』を片手に、

情報誌『ぴあ』
3ヶ月後の舞台作品へ出演する女優募集

の掲載記事を見て早速応募し、見事合格!
小劇場の舞台で女優としてデビューしています。

念願叶っての初舞台。
初舞台が楽しかったため、同劇団や他の劇団の
舞台作品へ客演するなど演技の魅力に
はまっていました。

大学卒業後はフリーの女優として活動し、
2001年に、「東京スウィカ」を仲間らと旗揚げ。
2007年に卒業するまで主演女優を務めていました。

この2007年の卒業こそが、
前述のYマネージャーとの出会いでした。

吉田羊さんは当時30代になっており、
劇団デビューから10年の月日が経っていました。
Yマネージャーが、吉田羊さんの出演舞台を
見にきており、

Yマネージャー
映像をやりませんか

とスカウトされたのです。

Yマネージャーは、大手所属事務所を辞めて
フリーになっており、立ち上げた個人事務所に
所属する女優を探していたのです。

そのYマネージャーの目に
吉田羊さんが留まったのです。

Yマネージャーが2007年4月に
立ち上げた事務所、
株式会社ORANKU(おらんく)は、
当時もいま現在も所属タレントは、吉田羊さん
ただ一人のようです。

まさに二人三脚。

Yマネージャーの主な功績
・事務所所属は吉田羊さんただ一人。
・社長でありながら、営業、会計、車の運転、マネージメントを
マルチに引き受ける
・年齢非公表を提案
・女優に専念するために、アルバイト禁止させ、資金援助

一説には、
大手事務所に所属していた当時から
敏腕マネージャーで通っていた
Yマネージャーのお眼鏡にかなっているのですから
吉田羊さんは逸材には間違いないのですが、
そこは二人分の生活がかかっているわけですから、
Yマネージャーも吉田羊さんの売り出しに必死
でしたでしょうし、また吉田羊さんも
期待に応えようとがむしゃらに働いたようです。

劇団出演時は、収入が不安定だったため、
引越業者、葬儀屋、パーティーコンパニオンなど
幾つもバイトを経験したり、
時には掛け持ちすることもあったようですが、
Yマネージャーからの提案は、女優業に専念すること

アルバイトは全て禁止。
その代わり、事務所に借金して
その返済を全て女優業で稼ぎなさいと
課せられたようです。

おそらく100万円単位の借金があったと
思われますが、2007年にスタートした
2人の成功への軌跡は、
2014年のテレビドラマ『HERO』出演の直前に
借金を全て完済したようです。

Yマネージャーの名前や、顔画像が気になりますね。


引用:https://pisukisu.com/archives/4262


引用:https://ameblo.jp/5-20-2/image-11930015975-13077744545.html


引用:https://xn--88jua5c2gx12n427bbivi9cns6d.com/

吉田羊さんが163cmなので、
ヒールを履いているかもしれませんが
Yマネージャーは
150cmくらいの小柄な女性のようですね。

一説には、吉田羊さんと同じ年ではないかと
言われているマネージャー、
吉田羊さんが年齢非公表にしたのも、
Yマネージャーの助言だったと言います。

女性にありがちな、年齢を言いたくない
という理由ではなく、

Yマネージャー
実年齢にとらわれることなく上から下まで幅広い年齢の役柄が演じられるよう

という理由なんだそうです。

吉田羊さん自身は、

吉田羊さん
年齢は公表していい

と話しているようなので、
信頼すべきYマネージャー兼社長のアドバイスを
しっかり守っているのでしょう。

またYマネージャーの名前は、
YOSHIDAではないか?という
情報もあります。

偶然にも苗字が同じ『吉田さん』というお名前なのか、
それとも吉田羊のマネージャーで『YOSHIDA』なのかは
不明です。

判決は死刑、弁護士は即日控訴11/21検察側は死刑を求刑検察側は「2人に殺意を持って頸部を圧迫し、死亡させたのは明らかだ」と指摘。山田浩二被告は黙秘を貫き、無罪?...

スポンサーリンク





電撃結婚は?

吉田羊の半分は彼女で出来ている

と言われるくらい、吉田羊さんの
プロデュース能力は抜群だと評価されています。

二人三脚で丸11年が経っています。

小劇団に10年ほどおり、
Yマネージャーと出会ったときは30代、
大学卒業?

という情報を総合すると、2007年時点で、
吉田羊さんは32歳頃だったのではないでしょうか。

そうすると、そこから11年経っているのであれば
43歳頃だと思われます。

一部情報では、吉田羊さんの誕生日だけが分かっていますが
誕生年は、1974年と言われています。

1974年2月3日生まれであれば、現在44歳ですので
年齢の整合性はとれそうです。

そして、Yマネージャーと不仲になったと言われる
一番の理由は、2016年にスクープされたコチラ。


引用:http://jamupansalotmore.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_dd9/jamupansalotmore/post_yoshidayo.jpg


引用:https://pixls.jp 

Yマネージャーのアドバイスで
年齢非公表にしている吉田羊さんの
年齢がバレた!
と、熱愛スクープより
私はそちらに注目でした。

当時、噂された中島裕翔さんは22歳。
(1993年8月10日)。

現在は25歳です。

そこから20年を足すと
吉田羊さんの年齢は45歳になりますが、
吉田羊さんは早生まれですから、1974年生まれは
妙に信憑性を深めますね。

一般的に、20歳年齢歳があるカップルは
成立しないか、成立したとしても
ごく稀だと思いますが、吉田羊さんと中島裕翔さんであれば
なんだか見た感じは、違和感そこまでなさそうです。

背格好の感じや、
吉田羊さんの年齢非公開というミステリアスな
部分が良いバランスを保っていると思うのですが
2人は、スクープの後、破局した
言われています。

私も吉田羊さんとほぼ同じ年齢ですが、
私が、20歳年下の男性と恋愛するのは
及び腰になりますが、
吉田羊さんはやはり若くアグレッシブな
女性なんだと想像できますし、
また中島裕翔さんも年上の女性が好み
なんだそうです。

2人はお似合いのように思えますが、
ではなぜ別れてしまったのでしょうか。

一説には、Yマネージャーが
恋愛を良く思わなかったようです。

おそらく、相手が誰であれ、
いまは恋愛よりも仕事というYマネージャーの
方針だったのでしょう。

事実、2016年に中島裕翔さんとスクープされて
以降も、仕事量は減るどころか
売れっ子女優として大活躍されています。

しかし、プライベートまで過度に干渉しがちな
Yマネージャーに嫌気がさしていた
という情報もあります。

この辺は、女性社長と女性タレントの『あるある』
として、これまでも似たような実例がありました。

一番最近思い浮かぶのは、
小林幸子さんと女性社長。

小林幸子さんは、紅白歌合戦の常連でしたが
夫唱婦随で歩んできた女性社長との間に
亀裂が入ったのは、小林幸子さんが
結婚したことに起因していると言われました。

小林幸子さんは、もう大御所に歌手ですので
恋愛禁止したりはなかったでしょうが、
恋愛の過程で、社長の、会社の方針と
違う部分があったのかもしれません。

吉田羊さんの場合は、留学することは
否定したものの、

・事務所移籍
・事務所退社
・Yマネージャーとの確執

には明言していません。

トーク番組などで感じる、
吉田羊さんの性格としては
間違っていることは間違っていると
いう性格のように思えますので、
この3点に関しては、否定していないため
事実ではないか?と言われています。

小林幸子さんが、事務所移籍に伴って
結婚した夫が社長の新事務所に移籍したことで
しばらく表舞台から去ったのでは?
と言われましたが、ゲームという
新しい世界で新たなファンを獲得しました。

吉田羊さんも、しばらくの間、
CMから姿を消したり、ドラマや映画の出演を
自粛したりするのでしょうか。

もしかしたら、新たな恋人が既におり
電撃結婚なんてあるのでしょうか?

吉田羊事務所退社の報告

View this post on Instagram

ご報告。 わたくし吉田羊は、‪2018.12/31‬をもちまして、 所属事務所ORANKUとの所属契約を終了いたします事をここにご報告いたします。Yマネさんと二人、お互い誠実に向かい合い、今後のことを考えよく話し合った結果です。吉田羊を応援してくださっている皆様、特に、ヒツジストと自称し熱心に応援してきてくださった皆様には、「Yマネさん」の不在はすぐには承服しがたい事と思います。けれどどうか、時間がかかったとしても、いつかご理解頂き、二人の決断を応援してくださると嬉しいです。 Yマネさんとは、沢山の苦楽を共有してきました。 舞台役者の端くれだった私に目をかけ、本気で、真剣に、真面目に、懸命に、映像の世界に吉田羊という居場所を作ってくれました。Yマネさんとでしか見られなかった景色、沢山、沢山あります。互いに足りないものを補填し合い、励まし合い、ぶつかり合い、許し合い、泣いた日も笑った日も怒った日も、全てが、大切で必要でかけがえのない日々でした。今回、仕事のパートナーは解消いたしますが、人生で出会ったかけがえのない友人として、今後もお付き合いを続けて参ります。(今後も時々ここに顔を出すと思います。Yマネさんファンの皆様は、楽しみに待っていてください。) 約12年間、共に闘ってくれたYマネさんには感謝してもし尽くせません。Yマネさん、いやYっち、本当に本当に本当に、ありがとうございました。互いの死に水は約束通り、後に残った方が取ろうね。そして、「吉田羊&Yマネ」を応援してくださり、これまで沢山の力を貸してくださった全ての皆様にも心からの感謝を申し上げます。二人で得た多くの感謝を胸に、更なる成長をすべく、それぞれ頑張って参りますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 そして、皆様に大切なことを。それは今後も、 ここで私たちが発信する言葉だけが真実だという事。 どうか、そのことを覚えておいてくださいね。 それでは、2018年も大変お世話になりました。 来たる2019年も、何卒よろしくお願いいたします。 以下は、Yマネさんから皆様へメッセージです。 ヒツジストの皆さま(長文お許しください) 本日をもって羊(ひつじ)とは、 「女優」と「マネージャー」という 関係ではなくなります。 が!!私はこれからもヒツジストです。 ヒツジスト会員証も羊に貰いました。 イエィ。 会員ナンバー1番です。 イエィ!イエィ!イエィ!(笑) 約12年間ずっと一緒に居たので、 少しさみしいですが、 これが、お互いの為に二人で 話をして出した結論なので、 ヒツジストの皆さんも笑顔で これからの二人を応援してください。 出逢った頃は、 私は「ようちゃん」「ひつじ」と呼んでいて 羊は私を「Yっち」と呼んでいたのですが、 頂ける仕事も増えて、出逢う人も増えると、 いつの間にか「吉田さん」とか「ようさん」と呼び 羊は私のことを「Yさん」と呼ぶようになっていたのが、 今回の答えを二人で決めてからは、 また「ようちゃん(ひつじ)」・「Yっち」の 関係に戻れて私的には嬉しかったりもしています。 12年間本当に楽しかったです。 今までありがとうございました。 どうかこれからは、羊が話をすることだけが真実なので、 それを信じて、羊を守ってあげてください。 では、笑顔で「放牧!!🐑 🐖」 最後に。ひつじ!今までありがとうね。 これからは横ではないけど、 後ろから応援しているね。 ところで、いつ飲む???(笑) ひつじバンザーイ!ヒツジストさんバンザーイ!! Yマネ

吉田羊( ♀)さん(@yoshidayoh_official)がシェアした投稿 –


引用:インスタグラム

今後のご活躍の様子に目が離せません。

最後までお読みいただき有難うございます。

札幌爆発はスプレー缶のノルマが原因?札幌爆発事故はアパマンショップ平岸駅前店が火元?スプレー缶は消臭除菌スプレーで本社のノルマが足かせとなった?店長が悪いの...
警察の司法解剖の結果、叶愛ちゃんの死因は「急性リドカイン中毒による低酸素脳症」のようです。リドカインは麻酔薬の成分で、血中の濃度が高くなると、けいれんや意識...

スポンサーリンク