宇野昌磨 身長体重が明らかに 大人の男にイメチェンでかわいいなんて言わせない!

平昌五輪は9日夜の開会式に先立ち、同日午前からフィギュアスケート団体の予選が始まりました。

今回のオリンピックでひと際注目を集めるフィギュアスケートの

男子ショートプログラム(SP)に出場した宇野昌磨(トヨタ自動車)は

唯一の100点台となる103.25点をマークし1位となりました。

現在3位の日本、表彰台目指せるか!!

スポンサーリンク


宇野昌磨の身長体重が気になる

オリンピックの金メダル2連覇の記録に挑む羽生結弦選手不在の中、宇野昌磨選手は

その期待を一身に背負い、そしてやってくれました。

他の国が、80点台と記録が伸び悩む中、

最初の男子ショートプログラム(SP)を任された宇野選手が、

自己最高得点に1点あまりと迫る演技で日本チームに笑顔をもたらしました。

全10チームの争いの中、宇野昌磨選手は緊張感を切らすことなく、滑走開始。

冒頭のジャンプで着氷が乱れるものの、個人戦でもメダルを争うであろう協力なライバルが

次々と失敗する異様な雰囲気のなか、その後は大きなミスなく演じきった。

10チーム最後のトリとして、素晴らしい演技をみせ、特典も伸ばしました。

様々な世界大会や、国内大会で輝かしい実績を残している宇野昌磨選手。

表彰台で、羽生結弦選手と並ぶことも多く、その小柄な身長、そして体重がとても気になります。

公式データによると、宇野昌磨選手の現在の身長体重は、

159㎝、55キロだそうです。

(ちなみに羽生結弦選手は172㎝、57キロだそうです)

ミヤネ屋で、幼き日の宇野昌磨選手に密着する映像がありましたが、

やはり小柄で、小6当時で130㎝、30キロだったようです。

スポンサーリンク


茶髪パーマの宇野昌磨選手は、脱かわいいイメージ?

宇野昌磨で検索すると、かわいいというワードが出てくる宇野昌磨選手。

小柄なことは本人も気にしている?ようで、これからより大人の男性を連想させるような

演技構成にもシフトしている感じがします。

まずは、変化が生まれやすい外見も少し変化が見えます。


(平昌オリンピック団体予選)

まずは茶髪、そしてパーマ。

これは2017年の画像。

イメージがかなり変わりましたね。

最近は胸元を大きく空いた衣装が目立ち、ビーズなど繊細できらびやかな衣装を選んでいるようです。

宇野昌磨くんというイメージより、宇野昌磨選手という呼び方がしっくりくるような気がします。

これから団体の決勝、そして個人戦と、まだまだ進化する宇野昌磨選手がたくさん見れそうで、

とても楽しみですね。

スポンサーリンク