外池晴美の赤ちゃんは3歳娘で児童相談所に!母親は死別で父親や兄弟、夫もいなくなった 福岡県北九州市

外池晴美さんの孤独が明らかに!

赤ちゃんは3歳女の子で児童相談所入所が分かりました。

彼女の周りから、親、兄弟、夫、子供が次々に離れていく謎を追ってみました。

スポンサーリンク


外池晴美さんの子供は、児童相談所に

赤ちゃんと報じられていた子供は、現在3歳になっており、児童相談所に入所している事実が

判明しました。

どのような経緯で、子供を手放すことになったのでしょうか。

「食べるものがない」と児童相談所に相談をしたのは、

外池晴美さん本人だったようです。

生活は非常に困窮していたようで、民生委員にも、

「児童相談所に預ける方法もある」

と提案を受けたようですが、その時は一旦保留。

様子をみますということだったようです。

赤ちゃんの体重も増えないし、食べるものもない

そんな中、彼女の意思とは関係なく、強制的に赤ちゃんは、母親である

外池晴美さんと引き裂かれたのでしょうか。

外池晴美さんは生活困窮者だった!民生委員にも素っ気ない態度リンク

スポンサーリンク


母親は死別、父親や兄弟は数年前に別居、そして夫も彼女の元を離れていった。。


引用:テレビ西日本(中学時代の外池晴美さん)

彼女の性格を学生時代の同級生が語っています。

おとなしく、あまり印象がないとのこと。

そんな彼女が、児童相談所などの行政を頼ったということは、

背に腹を変えられない、切羽詰まった実情があるように思います。

近隣住民の新たな証言によると、外池晴美さんは数年前に結婚

当時は夫と赤ちゃんと3人で生活していたようですが、

次第に夫の姿は見られなくなり、赤ちゃんと二人で住んでいたとみられています。

小さな赤ちゃんがいては、働けなかったのでしょうか。

職業不詳と報道されておりますので、生活保護などを受けての生活だったのかもしれません。

外池さんの元から、夫に続き、赤ちゃんんも去り、

一人で生活していたとみられる外池晴美さんは、どのような日々を過ごしていたのでしょうか。

元々、居住していた公営住宅には、両親と兄弟と幼少時から住んでいたようですが、

母親は、外池晴美さんが幼い時に死別

一緒に生活していた父親や兄弟は、この公営住宅から離れていったと報道されました。

外池さんが結婚したり、子供を身ごもったことで、生活を邪魔したくないという配慮だったのでしょうか

このあたりも今後の捜査で明らかになってくると思います。

今回の報道で、登場人物が増えました。

3歳娘 の他

父親

兄弟

この中の誰かが事件の真相を知っているのでしょうか。

引き続き続報を待ちたいと思います。

白骨化した遺体が見つかったと、第一報では情報があまりにも少なかった→リンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする