鳥海広子さん殺した河島楓は首にタトュー画像、運転免許偽造で背後に黒幕か 神奈川平塚

動機解明の一歩に!住所点在する鳥海広子さんと斉藤義伎・河島楓両容疑者の関係性とは

神奈川県平塚市札場町の民家で昨年2月、この家に住む鳥海広子さん(当時80)が

殺害されているのが見つかった事件で、男2人が強盗殺人容疑などで逮捕されましたが、

謎に包まれていた男たちと鳥海さんとの関係が明らかになりました。

鳥海さんは通院先の病院で知り合った男と金銭トラブルになっていたようです。

河島楓容疑者の顔画像と共に事件詳細を追いました。

スポンサーリンク


事件詳細

県警捜査1課によると、強盗殺人容疑などで逮捕されたのは、東京都大田区東六郷の塗装工、斉藤義伎(よしき)容疑者(23)と奈良県香芝市磯壁の自称アルバイト、河島楓容疑者(22)。河島容疑者は昨年12月、偽造した運転免許証を使用したとして県警に逮捕されていた。

 一方、捜査関係者によると、河島容疑者の逮捕以前から斉藤容疑者らの関与が浮上しており、偽造運転免許証事件での取り調べの際、河島容疑者が鳥海さん殺害に関しての供述を始めたことなどから、両容疑者らの関与が強まったという。県警は、斉藤容疑者ら以外にも犯行の指示役など複数人が関与しているとみて全容解明を進める。

 また、県警は同日、両容疑者の身柄を横浜地検へ送検した。

引用:産経新聞

スポンサーリンク


斉藤義伎・河島楓両容疑者は黒幕組織の末端か

ここに出てくる3人の登場人物は、住所がバラバラだということは前回もお伝えいたしました。

整理してみると

鳥海広子さん(被害者)神奈川県平塚市札場町
斉藤義伎容疑者    東京都大田区東六郷
河島楓容疑者     奈良県香芝市磯壁  

斉藤容疑者が23歳で河島容疑者は22歳、二人の年齢は近く、

もしかしたら同級生かもしれませんが、住まいも違いますし、

また職業も違いますので二人の関係性も謎に包まれていました。

背後に大きな組織があるような報道もされていますので、

斉藤義伎・河島楓両容疑者は、黒幕の誰かに指示を受けて、実行部隊として動いていた可能性がありそうです。

鳥海さんは通院先の病院で知り合った男と金銭トラブル

と報道されていますが、このというのが、

斉藤義伎・河島楓両容疑者のことを指すのか、はたまた違う男を指すのか。。。

両容疑者は20代前半で若く、病院に通う必要性があるのか分かりません。

もし通院履歴があったとしても、住んでいる場所から、同じ病院に通うことは考えにくいですね。

今回、送検される河島楓容疑者のうつむいて顔を隠している様子の顔画像を入手出来ましたが、

気になるのは、首元の入れ墨というかタトューですね。

画像が小さいので、中に着こんだ洋服の一部かな?とも思いましたが、

色の具合からして、TATOOで間違いなさそうです。

河島容疑者が襟元の髪の毛を短くしていることから、「見せTATOO」であったと思います。

これから、また動機や、3人の関係性、黒幕の全貌などが見えてくると思います。

事件の行方を見守りたいと思います。

斉藤容疑者の顔画像や勤め先などの関連記事はコチラ

1/16追記:
容疑者2人は、鳥海広子宅に侵入し首を絞めて殺害したうえ、バッグなどを奪った疑い。
その後の調べで、事件後、鳥海さんの交通系ICカードを利用し、県の内外を移動している様子が、駅などの複数の防犯カメラに映っていたといいます。
また、奪われたバッグには、財布も入っていたとみられ、警察は、2人が、金銭目的で犯行に及んだとみて、捜査をするようです。

引用:FNN

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする