磨田昌人、石塚美智子 商品画像あり!顔画像と経歴は?スタバ偽スマホケース販売 副業で中国から輸入 千葉

人気の「スタバ」が被害に!中国からコピー商品のスマホケース輸入で逮捕

千葉県警生活経済課は1月11日、「スタバ」でお馴染みの大手コーヒーチェーン「スターバックス」の

偽のロゴマークを使用したスマートフォンケースを販売目的で所持していたとして、

商標法違反の疑いで、千葉県鎌ケ谷市道野辺中央1、会社員、磨田昌人(31)と

同居する准看護師、石塚美智子(32)の両容疑者を逮捕しました。

副業のため、コピー商品を中国から輸入した二人、事件詳細を追います。

スポンサーリンク


事件詳細

逮捕容疑は、2人は共謀し2017年6月13日、自宅マンションで、スターバックスの類似マークを無断使用したスマホケース342個を販売目的で所持していた疑い。

 同課によると、磨田容疑者は「昨年から副業として中国から輸入して売った」などと容疑を認め、石塚容疑者は「彼氏がやったこと。よく分からない」と否認している。

 同課は昨年3~6月、少なくとも約400個の偽のスマホケースをネット通販サイトに出品して70万円程度売り上げていたとみており、販売実態などを調べる。

 磨田容疑者が同4~6月に十数回にわたり、国際郵便で中国から偽のスマホケースやコースターなど少なくとも計1500点以上を輸入したとして東京税関が摘発し、磨田容疑者の自宅から今回の偽のスマホケースを押収。県警に情報提供した。

引用:千葉日報

スポンサーリンク


コピー商品と知っていたか?同居の女は知らなかったのか?

報道によりますと、容疑者二人は本業を持っており、

磨田昌人容疑者(31)は会社員、石塚美智子容疑者(32)は准看護師のようです。

二人は同居しており、磨田昌人容疑者が首謀者であり

「副業として売って利益を得ていたのは間違いない」と容疑を認め、

石塚美智子容疑者は「私はわかりません」と否認しているといいます。

自宅には販売目的で342点の商品を持っており、その量の多さを考えると

二人は同居しており、石塚美智子容疑者の「知らない」が通用するのか疑問が残ります。

捜査関係者によると、スマホケースは中国から輸入していたとみられ、

販売先は大手ショッピングサイト「アマゾン」。

販売価格は1個千数百円だったようです。

千葉県警は昨年3~6月にの約3ヶ月間でトータル約70万円の売上があったとみています。

事件発覚のきっかけは、昨春、これらの偽グッズを旅客機で密輸しようとしたとして、

成田空港の東京税関職員が磨田容疑者を摘発。

千葉県警はスターバックスコーヒージャパン(本社・東京)側の協力を得て

非正規品と確認したことにはじまります。

スターバックスののロゴは、マグカップや紙コップ、タンブラーやバッグなどの

公式グッズに付いており、「スタバ」愛飲家などに国や地方、また季節限定の商品は

特に人気が高いことで知られています。

しかしながら、「スタバ」に「スマホケース」が販売されているのか?

とわたしは疑問に思い、

スターバックスの公式サイトを確認してみましたが、

タンブラーなどの関連グッズの販売はあるようですが、

スマホケースは確認できませんでした。

また、磨田昌人、石塚美智子 両容疑者の顔画像や詳しい勤務先を含む経歴は

いまのところ分かっておりません。

調べが進み、詳細が判明しましたら情報を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする