【長崎】宮本由翔君恵翔君 顔画像アリ 幼い兄弟が火事で溺死 ヒートショックの意外な危険性

幼い2人が犠牲に。火災現場で何が起こったのか

幼い兄弟が亡くなったという悲しいニュースです。

長崎県かき道(かきどう)にある市営住宅の一室が全焼した火事で

8歳の宮本由翔(ゆうと)君と、5歳の恵翔(けいと)君の兄弟が亡くなりました。

二人の死因は溺死、火災現場で溺死とはどういうことなのでしょうか。

詳細を追いました。

スポンサーリンク


事件詳細

1月3日の9時半頃、長崎県かき道(かきどう)の市営住宅の一室が全焼し、

そこに住む宮本由翔(みやもと・ゆうと)君(8)と、弟の宮本恵翔(みやもと・けいと)君(5)が

亡くなりました。

火災原因は脱衣所に置かれていた電気ストーブだということです。

二人は当時入浴中で、司法解剖の結果、

火災で起こった煙による一酸化中毒で意識不明の状態となり、

そのまま浴槽で溺死したと見られています。

スポンサーリンク


どの家庭でも起きやすい火事の火種。脱衣所に燃えやすいものはダメ!

電気ストーブは、比較的安価ですし、持ち運びも簡単です。

トイレや脱衣所など、狭い空間を一時的に温めるのは大変役立つ暖房器具だと思います。

寒くなるにつれて、ヒートショックに注意!が叫ばれる中、

コンパクトで手軽な電気ストーブなよく選ばれるようです。

近所の家電量販店では¥3000程度で売られています。

しかし、危険性も伴います。

エアコンなどのようにファンではないため、引火の危険があります。

我が家も、一度カーテンを焦がしたことがあります。

よちよち歩きだった子供が、少し目を離した隙に意外な猛スピードで

ベランダ側の窓付近に行っており、

ひらりとカーテンの向こう側に行ったことで、カーテンの端っこが

電気ストーブの正面に触れてしまいました。

(※幸い、すぐに気付きカーテンを少しだけ焦がす程度で収まりました。)

今回の宮本さん宅には、脱衣所の電気ストーブのすぐそばに、

タオルなど燃えやすいものが普段からあったといいます。

でも、脱衣所はそもそも狭いですし、導線を考えたら、

タオルや着替えなど入浴に必要なものは、どのご家庭にもきっと常備されているのでは

と私は感じました。

いまでは、換気扇部分に備え付けられる暖房器具なども工事費込みで10万程度で

販売されているようです。

しかし、賃貸などでは、そもそもそのような暖房器具の設置が難しかったりしますね。

とても他人事とは思えない事件です。

幼い宮本由翔君・宮本恵翔君のご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク