【岡山】岡展弘 顔画像は?また無職の犯行!就寝中の父殺害し現場から逃走し母が通報

倉敷の無職岡展弘、親子間トラブルで父殺害か 凶器はサバイバルナイフ

年末から正月にかけての親族間トラブル、もう何件目でしょうか。

今度は岡山県倉敷市連島町西之浦(つらじまちょう・にしのうら)

29歳の息子が66歳の父親を殺害し、現場から逃走。

母親からの通報で逃走中の岡展弘容疑者が逮捕されました。

詳しい事件内容を追ってみました。

スポンサーリンク


事件詳細

5日未明、倉敷市の住宅で父親をナイフで刺して殺害したとして、29歳の息子が殺人の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、倉敷市連島町西之浦の無職、岡展弘容疑者(29)です。
岡容疑者は5日午前3時すぎ、倉敷市の自宅で同居していた父親の正和さん(66)の首などを刃渡り約17センチのサバイバルナイフで複数回刺して殺害した疑いが持たれています。
警察によりますと、午前3時半ごろに同居する岡容疑者の母親らが警察署を訪れ、「自宅で息子が父親を刺した」などと届け出たため捜査員が自宅を確認したところ、2階の寝室で正和さんが血を流して倒れているのが見つかったということです。
正和さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。
岡容疑者は車で逃走したため、警察が殺人事件として緊急配備を敷いて捜査していたところ、約1時間後に瀬戸内市の駐車場にいた岡容疑者を見つけ逮捕しました。
岡容疑者の車からは凶器とみられるサバイバルナイフも見つかっていて、警察の調べに対して「殺したことは間違いない」と容疑を認めているということです。
警察は、家族で何らかのトラブルがあったとみて、詳しいいきさつなどを調べています。

引用:NHKニュース

スポンサーリンク


息子を想うあまり母の通報が遅れたか

二つのニュース記事を並べてみましたが、

私が気になるのは母親の警察への通報が電話ではなく、警察署に出向いたということ。

事件現場に母親が居合わせたかどうかは明らかになっておりませんが、

同居する息子の犯行であるので、同じ屋根の下にこの母親がいたことは間違いなさそうです。

事件時間は午前3時過ぎ。

就寝中の父親を襲ったとみられています。

無抵抗の父親を襲うということは、強い殺意が伺えますね。

この岡容疑者の自宅と警察署までの距離がどれほどかは分かりませんが、

殺害された父親を一刻も早く助けたり、その場から逃走した息子を早く捕まえるには、

110番通報が一番早いと思うのですが、なぜ母親は警察署まで訪れたのでしょうか。

いまのところ、岡展弘容疑者の顔写真は断定できておりません。

そしてもう一つ気になるのは「無職」というワードです。

残念ながら、またか。。。

と思ってしまいます。

66歳、団塊世代の父親には、無職の息子が心配だったに違いありません。

このことを巡って、親子間でトラブルがあったのだと事件内容から推測されます。

事件詳細はこの後も追っていきたいと思います。

亡くなった父親、岡正和さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

1/6記事追加
岡容疑者は警察によりますと、父親の顔や首をサバイバルナイフで10数回刺したようです。
その後、軽自動車で逃走を図った岡展弘容疑者は、40キロ離れた瀬戸内市のコンビニで警察に見つかります。
雑誌を立ち読みしおにぎりなどを購入する姿が確認されており、接客した店員に聞いても
何か違和感を感じるような素振りはなかったといいます。
事件から1時間半が経過していました。
岡容疑者の車の中からは、血の付いた凶器が見つかっています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする