【東京板橋区】上杉陽子さん 顔写真は?87歳が司法書士勤務娘と無理心中か

高齢母親に殺された上杉陽子さん

自宅マンションで87歳母親に殺された上杉陽子さん

司法書士事務所に勤務されていました。

同居ではない母親が自宅に訪ねてきての犯行のようです。

二人に何があったのでしょうか。

事件詳細を追います。

スポンサーリンク


事件詳細

3日午前11時50分頃、東京都板橋区仲宿のマンションの一室で、住人の司法書士事務所事務員上杉陽子さん(47)が死亡しているのを警視庁板橋署員が発見した。

 近くに住む80歳代の母親は首をつって死んでいるのが発見され、同署は母親が上杉さんを殺害後、自殺を図ったとみて調べている。

 同署幹部によると、同日午前10時頃、上杉さんの母親が近くの自宅で首をつっているのを知人が発見。自宅には、「娘を殺して自分も死ぬ」と書かれた遺書があった。通報を受けた署員が、上杉さん宅を訪れたところ、ベッドであおむけで死んでいる上杉さんを発見したという。

引用:読売新聞

スポンサーリンク


被害者と加害者が二人とも死亡。事件は解決に向かうか?

知人が訪ねてきて発覚したこの事件。

この知人と、親子の関係性は分かっていませんが、

もし上杉陽子さんが働いていないとすれば、

しばらくその死も誰にも知られることはなかったのでしょうか。

おそらく本日はお勤め先も正月休みだったと推測されますので、

もし知人が訪問してなくても、近日中に誰かが様子を見に

上杉さん宅を訪れたでしょう。

事件の関係者二人共が存命ではないので、真相が判明するか分かりませんが、

事件解決にぜひ導いて欲しいものです。

また上杉陽子さん、および上杉さんの母親の写真はいまのところ

断定できておりません。

上杉さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする