【京都伏見】中村正勝 事前に凶器をカバンに 強い殺意で計画的な犯行か

強い殺意の表れ? 凶器をカバンに忍ばせ約束の時間を迎えたか

最新の事件内容はコチラ

京都伏見区の殺人事件で続報です。

新たに分かったことが2点。

まず、重傷を負っている男性(45)の娘(21)と中村正勝容疑者(50)は元職場の同僚であることが分かっていましたが

中村容疑者はこの娘の上司だったようです。

そして、大晦日の事件が起こったこの時間。

約束の場所に現れた中村容疑者はカバンに凶器つまり包丁を隠し持っていたようです。

事件詳細を追いました。

スポンサーリンク


事件詳細

京都市伏見区の路上で大晦日に男性2人が刺され、1人が死亡、1人が重傷を負った事件で、容疑者の男が、男性らと会う前にあらかじめ凶器をかばんに忍ばせていたことがわかりました。

中村正勝容疑者(50)は先月31日、京都市伏見区の路上で、45歳の男性に刃物で切りつけ、重傷を負わせた殺人未遂の疑いで逮捕されました。警察によりますと、中村容疑者は男性の娘(21)が以前勤めていた会社の上司で、男性らは、2人の間のトラブルについて話し合うために中村容疑者の家を訪ねていたということです。中村容疑者は当初、男性や娘らとの話し合いに応じていましたが、途中でかばんから凶器を取り出し、男性らを襲ったということです。この事件では、男性と一緒にいた猪飼将希さん(27)も、胸など数ヵ所を刺されたことによる出血性ショックで死亡しています。中村容疑者は、「相手の命がどうなってもいいと思った」と供述。警察は、犯行に計画性があったとみて、猪飼さん殺害容疑についても立件に向けて捜査しています。

引用:朝日放送

スポンサーリンク


男性の娘(21)と中村正勝容疑者(50)の関係は?親子ほどの年の差の二人の間にどんなトラブルがあったか

男性の娘(21)の元職場と報道されておりますので、

この娘さんは現在は、中村容疑者の勤め先を退職されているようですね。

21歳という若さですので、勤務歴も長かったようには思えません。

退職理由も気になりますね。

もし中村容疑者と何かしらのトラブルがあっても、

娘さんが現在その職場を退職されていれば、そのことで解決に向かえそうなのですが、

そう簡単にいかない何か深い事情があったのでしょうか。

この事件ますます気になってきました。

関連記事はコチラ
関連記事はコチラ
関連記事はコチラ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする