【大分】近藤治雄さん 弟に刺され死亡 顔写真は?親族集まる2日未明に何があったか

親族間のトラブルか?正月に弟に腹刺され死亡

大分県別府市で実の弟に刺される事件が起こりました。

2日未明、親族が介する自宅内で腹部を刺された近藤治雄(57)さん、

刺された理由と犯人はどこに?

詳細を追います。

スポンサーリンク


事件詳細

2日未明、大分県別府市の住宅で、腹部に刺し傷を負った男性が死亡しました。警察は、男性の弟が刺した可能性があるとみて調べています。

 午前0時半すぎ、別府市の住宅から「人を刺した」と119番通報がありました。警察や消防が駆け付けると、この家に住む近藤治雄さん(57)が倒れていました。近藤さんの腹部には刺し傷があり、病院に搬送されましたが約50分後に死亡が確認されました。当時、現場には親族や知人など4、5人の男女がいたということです。警察は、近藤さんの弟が刺した可能性があるとみて調べています。

引用:テレ朝ニュース

スポンサーリンク


犯人はどこへ?顔写真は?

「人を刺した」と通報があったようですが、

これが犯人とされる近藤さんの弟からのものか分かっていません。

いずれにしろ、親せきが集まっていた場所での事件ですから、

事の成り行きはそこにいる全員が知っているはず。

深夜の事件であることから、込み入った話をしていたかも、

またお酒が入っていたのかもと推測することが出来ます。

被害者近藤治雄さん、及び近藤さんの弟の顔写真はいまのところ断定できていません。

刺すほどの強い衝動とは何だったのでしょうか。

これからの事件解明が待たれます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする