【鹿児島】木原弘貴整備士 海保航空機翼の下敷きで死亡! Facebook顔写真特定か?定期検査中の事故は防げなかったのか?

訃報!整備士が海保航空機に挟まれ死亡

最新情報はコチラ

ショッキングなニュースです。

鹿児島にある鹿児島空港の飛行機格納庫で整備士が飛行機の翼に挟まれ亡くなるというニュースが入ってきました。

彼は民間の航空会社の整備士だったようですが、

委託され海上自衛隊の航空機の整備にあたっていたようです。

詳しい事故内容を追ってみました。

スポンサーリンク


事故詳細

29日昼過ぎ、鹿児島空港(鹿児島県霧島市)にある航空会社日本エアコミューターの格納庫で、同社の整備士木原弘貴(こうき)さん(31)=霧島市国分福島1丁目=が海上保安庁の航空機の下敷きになり、まもなく死亡した。

 霧島署や日本エアコミューターによると、事故があったのは29日午後0時50分ごろ。同社が整備を受託している海保機「うみつばめ」(サーブ340型、全長約20メートル)の定期検査のため、整備士10人ほどが牽引(けんいん)車で機体を格納庫へ引き入れる作業中、機体が左に傾いた。木原さんは主翼と地面に頭を挟まれ、搬送先の病院で午後3時ごろ死亡が確認された。

 第10管区海上保安本部の説明では、「うみつばめ」は鹿児島空港を拠点に領海警備や救難活動を担当している。

引用:朝日新聞

29日午後、鹿児島空港の格納庫前で、海上保安庁の航空機がけん引作業中に傾き、整備士の男性が翼の下敷きになり死亡しました。

警察などによりますと、29日午後1時ごろ、鹿児島空港にある日本エアコミューターの格納庫前で、整備のため格納庫にけん引中だった第十管区海上保安本部の航空機が傾き、男性整備士が翼の下敷きになりました。
下敷きになったのは、日本エアコミューターの整備士・木原弘貴さん(31)で、病院に運ばれましたがおよそ2時間後に死亡しました。

航空機は十管・鹿児島航空基地所属のプロペラ機で、日本エアコミューターがけん引作業と機体の整備を請け負っていました。事故当時、プロペラ機には日本エアコミューターの整備士らおよそ10人がけん引作業に当たっていて、警察によりますと、機体の左側の車輪だけが何らかの原因で格納され、傾いたということです。
警察で事故の詳しい原因などを調べています。

なお、この事故による一般の旅客便などへの影響はありませんでした。

引用:MBC南日本放送

29日午後、鹿児島県の鹿児島空港で、海上保安庁の航空機を整備する作業をしていた日本エアコミューターの整備士が「航空機の車輪に挟まった」と消防に通報がありました。病院に運ばれる際、意識がない状態だったということで、警察などが当時の状況を調べています。

鹿児島空港のある霧島市の消防局によりますと、29日午後1時前、鹿児島空港から「格納庫で航空機の車輪に人が挟まった」と通報がありました。

整備士は31歳の男性で、容体はわかっていませんが、けがをしていて午後2時すぎ、ドクターヘリで病院に運ばれました。

日本エアコミューターによりますと、病院に運ばれる際、意識がない状態だったということです。

この整備士は日本エアコミューターの職員で、当時、格納庫で海上保安庁の航空機の整備にあたっていたということです。

当時、現場では社員およそ10人が航空機のけん引作業をしていて、特殊車両でけん引する際左翼が地面に接触し、整備士が下敷きになったということです。

第10管区海上保安本部によりますと、この航空機は鹿児島航空基地の所属で、定期検査のために日本エアコミューターに預けていたということで、警察などが事故の状況を調べています。

鹿児島空港事務所によりますと、この事故による空港の閉鎖はなく、平常どおりの運航を続けているということです。

機体 左に傾いた状態
NHKが撮影した映像では、鹿児島空港の日本エアコミューターの格納庫の入り口付近で海上保安庁の機体が左に傾いているのが見えるほか、航空局の消防車両や救急車などが機体を取り囲むようにして待機する様子が見えます。

海上保安庁の機体は、両翼のエンジンカバーが外され、むき出しの状態になっていて、映像では、左の翼の下側の車輪が確認できず、エンジンが直接、地面に触れているように見えます。

引用:NHK

スポンサーリンク


左車輪が何らかの原因で出ておらず、その影響で機体が傾き、翼に挟まれたか

報道によって、「翼の下敷きに」という表現や「車輪に挟まった」という表現がありますが、

木原さんは左翼付近にいたということで間違いなさそうです。

海保から受託された日本エアコミューターの整備士木原さんは10人がかりで整備を担当していたようです。

牽引中だったとのことですので、各方面から慎重に移動させようとしており、

木原さんのポジションが左翼付近だったのでしょうね。

車輪が出ていなかったことから、もしかしたら様子を伺いにのぞき込むような態勢をとっていたのでしょうか。

事故詳細が待たれます。

またFacebookで調べてみましたが、木原さんを特定することは出来ませんでした。

ご勤務中の事故ということで、心が痛みます。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク