【和歌山】若松広規(30)Xイブに酩酊状態で父背中刺す 顔写真は?動機は?ゆとり世代の犯行がまた!

酔った息子の横暴か?息子が父の背中刺し死亡させる

ショッキングなニュースです。

30歳の息子が59歳の父親の背中を刺したというもの

二人の関係はどのようなもので、顔写真はあるのか?気になる動機は?

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


事件詳細

クリスマスイブの深夜、12月24日午後10時20分頃、和歌山県有田市の住宅で、

59歳の父親が30歳の息子に包丁で刺され死亡する事件が起こりました。

父親は死亡。刺した息子は現行犯逮捕されています。

和歌山県有田市港町に住む若松郁夫(わかまつ・いくお)さん(59)の妻から

「息子が父親を包丁で刺した」と警察に通報がありました。

警察はすぐに家に駆けつけましたが、2階の部屋で背中から血を流した郁夫さんが倒れており、

息子の若松広規(わかまつ・ひろのり)容疑者(30)を殺人未遂の現行犯で逮捕しました。

その後父親の郁夫さんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

警察によると、2人は事件前、飲食店で一緒に酒を飲んでおり、

若松広規容疑者は逮捕時、事情聴取ができないほど酔っ払っていたようです。

現在のところ若松容疑者は「俺が親父を刺すわけないやろ」と容疑を否認しています。

スポンサーリンク


息子の顔写真はあるのか?親子喧嘩の末の事件か?

息子の若松広規容疑者の顔写真がとても気になりますが、現在のところFacebookなどは特定できておりません。

事情聴取が出来ないほどの酩酊状態という報道なので、刺した覚えもないのでしょうか?

事件前は二人でお酒を飲みに外出しているようですから、そこだけを切り取ると仲が良い親子に見えるのですが、、

そこで息子が父親に何か言われたのか?

息子が父親に何かお願いし断られたか反対されたか?

もしくは父親の日頃の父親に対する鬱憤なのか?

いずれも想像の範囲ですが、こういう事件によって「ゆとり世代の犯行」と言われてしまうのであれば

とても悲しいですね。

事件の詳細が判明したら、随時追いかけていきます。

スポンサーリンク