【埼玉続報】小口義之さん肛門から空気入れられ内臓圧迫で死亡 犯人はペルー人だった

肛門から空気入れられ死亡した小口義之さん、死因は内臓圧迫

衝撃の事件から1日。

無念死した男性の死因が明らかになりました。

死因は内臓圧迫だそうです。

スポンサーリンク


事件続報

埼玉県北葛飾郡杉戸町の産業廃棄物処理会社で、悪ふざけで会社同僚に押さえつけられた上、

業務用エアーコンプレッサーで服の上から肛門に空気を入れられた男性が死亡した事件。

埼玉県杉戸署によると 男性の死因は肛門から注入された空気で内臓が圧迫されたことが原因であることが分かった

同署は逮捕した2人が悪ふざけをして肛門から空気を注入したとみて詳しい経緯などを調べている。

また小口さんの同僚で犯人として逮捕されたのは、神崎利宏(かんざき・としひろ)容疑者(47)と

仲本トミーことVILLAVICENCIO NAKAMOTO TOMMY JOEL(ビヤビセンシオ・ナカモト・トミー・ジョエル)容疑者(36)。

通称仲本トミー容疑者はペルー人であることも分かりました。

詳しい事件内容はこちら
肛門に空気注入

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする