【埼玉県】神崎利宏・仲本トミー顔写真特定か? 肛門に空気注入し同僚死なす40代男の素顔とは

じゃれあいなのか?故意なのか?エアーコンプレッサーで同僚死なす

追記
3人の勤務先は埼玉県の産業廃棄物処理会社(株)エコシス埼玉と判明しました。
〒345-0023 埼玉県北葛飾郡杉戸町本郷593−1
現在、ホームページは閲覧不可能になっています。

埼玉県より衝撃的なニュースが飛び込んできました。

  肛門に空気入れ同僚死なす

どんなシチュエーションだったのか?

未成年のいじめや悪ふざけなのか?

詳細を調べてみました。

スポンサーリンク


事件詳細

埼玉県杉戸町にある産業廃棄物処理会社で、44歳の男性従業員の肛門に空気を注入し死亡させたとして、

同僚の男2人が逮捕されました。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、産業廃棄物処理会社の会社員・神崎利宏(かんざき・としひろ)容疑者(47)と

仲本トミーことVILLAVICENCIO NAKAMOTO TOMMY JOEL容疑者(36)。

警察によると、2人は12月16日、工業用のエアーコンプレッサーで同僚の小口義之(こぐち・よしゆき)さんの

肛門に空気を注入し、死亡させた疑いが持たれています。

事件当時は休憩時間で、3人はエアーコンプレッサーで服に付いた埃などを落としていたが、

ふざけて小口さんを押さえつけ、服の上から空気を当てたところ肛門に入ってしまったと話しており

2人は警察の調べに対し、「こんな大事になると思わなかった」と容疑を認めているようです。

スポンサーリンク


3人に何があった? エアーコンプレサーの威力とは?

神崎利宏(かんざき・としひろ)容疑者とVILLAVICENCIO NAKAMOTO TOMMY JOEL容疑者は

いずれも47歳、36歳、モノの分別が出来る十分な大人です。

顔写真を探してみましたが、特定できるものはありませんでした。

またこの3人の関係性が気になるところですが、悪ふざけでもこんなことはしないでしょう。

エアーコンプレッサーに関しても調べてみましたが、この事件に使われたものがどのようなタイプか分かりませんが、

「工業用」と報道があるため かなり大きな装置と推測されます。

実際動画などで確認してみたところ、私が見たものは大き目の浮き輪を膨らますのに使っていましたが、所要時間は3分ほど。

吹き出し口は色んな器具を取り付け可能なのかもしれませんが、浮き輪の吹き込み口にフィットする程度のホースと

そのホースに合う細目の吹き出し口でした。

被害者は服を着用しており、その上からエアーコンプレッサーを押し付けられたようですが、そう考えると

服の埃落としとしては 強力な威力を持っていたのかもしれませんね。

小口さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする